円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« オークションに出品 | トップページ | 新潟のお酒 は おいしーね、 »

2006年2月18日 (土)

日本酒の楽しみ方

たいがい 冷や か 常温で 呑んでいた日本酒。こー寒いと、やっぱり 燗。

なんか、もー 呑み始めてしまいました。

♪おさけはぬるめのかんがいい〜♪ っていう演歌 あったよね。

ぬる燗でっ、て 頼んでいる人 は ツー だなー って、単なるのんべえ?

じゃー、熱燗でっ、てのは? 素人?

そー言われてみれば、 お酒によって お燗の程度を変えるってことは、なかった。それと、燗にもそれぞれ 正しい温度 ってものがあるのも 知らなかった。

日向(ひなた)燗(30℃前後)
人肌(ひとはだ)燗(35℃前後)
ぬる燗(40℃前後)
上燗(じょうかん)(45℃前後)
熱燗(50℃前後) 飛び切り燗(55℃前後〜)

日本酒博物館 こうなっている、らしい。

へぇーっ、今度 上燗でっ、って言ってみよう、か。
おかみ が はいっ(^-^)/ ってしたら、

そーっ、ぬる燗 と 熱燗 の あいだねっ て。

日本酒に合う おいしい、肴のお店 ぜひご紹介 くださいなっ。

« オークションに出品 | トップページ | 新潟のお酒 は おいしーね、 »

bar time」カテゴリの記事

コメント

お燗
こんばんは。
お酒の銘柄には詳しくアリマセンが、飲む機会は多いです。常温や冷酒をいただくことが多いかなあ。

猫舌ですので、「熱燗」でも少し冷ましていただきます。「飛び切り燗」はどんなことになってしまうのでしょう。

「日向燗」っていうのは、中々素敵な呼び方ですね。

かなり いける クチ ですか?
ちょいと、疲れているせーか、
少しの量を 時間かけて、呑んでいたら、

いつの間にか、フィンランド戦が終わっていた。

ちょーロングシュートまでは なんとなく見ていたのですが、、、。

とらいでんと さん は 呑んでも しゃきっと していそーな、、、。 
 

顔にでません(笑)。
再びこんばんは。

フィンランド戦見たかったのに、すっかり忘れて泳ぎに行ってしまいました。有り得ない。。。

お酒については、飲んでも顔が赤くならないばっかりに、誠に遺憾ながら周囲から強いと思われています(泣)。

でも、そんなに強いわけではなく、普通だと思います。

しゃきっとしているかどうかは自信はないですが、まあ、ある程度飲んだら自動的に飲めなくなるので、暴れまわるとか、からんで迷惑かけるとか、そういった事はしていないと思います・・、多分。

そーなんだっ (^o^)ハハハ
ご無礼 発言 失礼しましたっ。

自動的に呑めなくなる 量は 相手によって 違ったり ですよね。
U\(●〜▽〜●)Уイェーイ!

実は もー呑み始めてます。
あとで、記事書くけど 今日のお酒は、新潟の 君の井 。 いい 響きの 名 だよね。

すっきり 味。 きっと とらいでんと さん も気に入ってくれる 味かなぁー なんて 思いながら 呑んでますっ。

もーすこし 呑んだら 仕事 開始。明日朝一で、ネゴしないといけない メモつくらないと。

今晩は、しゃきっと してます。大丈夫 だよっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/40948451

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒の楽しみ方:

« オークションに出品 | トップページ | 新潟のお酒 は おいしーね、 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ