円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 団塊の意志表示 ? | トップページ | 新人君+おじさん 復活 久々4人で »

2006年4月27日 (木)

千葉市川市の市民活動支援制度

Ichikawa 今朝、なぜか ラジオニュース で 目が覚めた。
うるさいっ って 普段ならすぐに消してしまうことろが、
市民税の使い道、自ら選定できる制度 だって? どこ? と、
朝っぱらから聞き入ってしまった、NHKラジオ首都圏ニュース。

東京に近いため、市民の目、行動は東京に向いている。
市民活動を活発化させたい。が、
当の団体は、PRが足りない、できない、PRすることの必要性を感じていない。

そこで考案されたのが、
市民が選ぶ1%市民活動団体支援制度

よくできている。すっばらしーっ、市川って。

団体は、登録、審査され、活動内容が公開される。PRの場も設けられる。
それに対して、市民税納税者がその納税額の1%を自分が支援したい
団体を選択して、資金サポートをできる。 という。

特定の団体が見あたらない場合は、団体支援基金を選択できる。

まだまだ浸透していないよーだが、納税者数20数万人のうち約5000人くらいの申告で1000万円ほどが、支援先を確定されているらしー。

自分が選べて、投資できると、その団体の活動も興味も持てる。いったい実際どんな活動しているのか、と。 興味を持ち始めると、参加もしてみたくなってくる。

日本もこーいう時代になってきた。 朝っぱらから いー話聞いちゃった。

 これ、広告PRというビジネスにつかえないだろーか。

 以前、ボランティア団体のPR活動をを一般市民が資金支援するというビジネス
 モデルを考えたことがある。にわかに現実味を帯びてきた。

 このモデル、ちょっと練り直して、また ここで お伝えしよーかと 思っています。

« 団塊の意志表示 ? | トップページ | 新人君+おじさん 復活 久々4人で »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

そうなんです。
なかなか面白いことやってるんですよ。
全国初、みたいなこと。
ちょっと前にも、55歳以上のスキルのあるシニアの人を職員に採用、ということで、リストラされたおじさんもご隠居さんもたくさん応募して、すごい難関。一瞬考えたんだけど、かなり試験難しそうだったので。
市長とは個人的にも3回くらい会ったことあって、ちゃんとした用件ならいろいろ話せると思います。
きさくなおじさん。
市川市長なのに千葉さんって名前なので千葉市長。
早く具体案お願いします。

ボランティア支援ビジネス
日本では6000億円というお金が寄付金として使われています。といっても中身はいろいろあるでしょーけど、。
企業献金が5000億円あるとしても、残り1000億円は個人的な寄付です。あの赤い羽根募金は250億円あると言われています。

こーいったことを背景とした 資金を市民活動に投資するという 仕組み。

オープンソースとして公開することで、本格的なシステム となるでしょーか。しかも、これをビジネスとしよーと、。例のLLPなんていう携帯ならできそーな気がしていますが、、。

地元では。
今日、地元のスポーツクラブのお風呂談義で、知ってる人から、頼まれました。あの1%のやつだけど、まだ決めてなければ、ぜひ21番に入れてって。その人も会員なので、よかったら、入会もしてって。年会費夫婦で3000円とのこと。
http://www.city.ichikawa.chiba.jp/net/siminsei/volunteer/data/06n21.pdf
でも、それだけ、地元では話題になってます。今月末、締め切りなので、皆、ちゃんと把握して投票しないと、って意識。
盛り上がってますよ。

情報公開とはこのことか?
コメント きーつきませんで 失礼しました。
nanaponさんは、スポクラ通い派でした、ね。私も夏前には入ろうかと、。
少しは足腰鍛えておかないと、健脚登山できないっすからねー。
うちのブログのコメンテーターに、スボクラの方おーいのは、なぜ?

とろで、市川市の情報公開はすごい、こんな、登録情報まで公開しちゃうとは、。というかこのくらいしないと、投票できないっすよ、ね。

NALCという組織は前から存じあげていて、セミナーでお目にかかってから 気になっている組織です。そーとーすごいっすよ、。このコメントにリンクした記事のセミナーですので、後でまた記事にしておきます。

住民に優しい街
凡人さん、こんばんは。

nanaponさんのブログへのTBから、こちらに参りました。

東京都に近い千葉県の街…発想が凄いですよね。

この市川にしてもそう。

ずっと前だけど、松戸には『すぐやる課』とうセクションが全国に先駆けて設立されています。

nanaponさんのところにもコメントを残したのですが、市川のお隣さんの東京・江戸川区は、小生の実妹が、幼稚園教諭の資格を取る専門学校にそこまで通っていましたが、ある日、妹がこういいました。

「江戸川は、福祉が良い。皆が住みたい!という気持ち、凄く分かる」…

どうもこの近辺…住民に優しい風土があるようですね。

こういう話を聞くと、まだまだ日本も捨てたものではないですが…。

でも、いや〜な空気が今週はじめから漂っちゃいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/40948504

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市川市の市民活動支援制度:

« 団塊の意志表示 ? | トップページ | 新人君+おじさん 復活 久々4人で »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ