円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 内緒の アイデア ! | トップページ | ボランティアの時間預託という、発想 »

2006年5月18日 (木)

紀元前の中国の教え ?

太公望 で はまりました。宮城谷昌光さんの文章の読みやすさにも助けられ、中国の古代史に引き込まれてます …

とはいえ、文献は限られているでしょうし、語り継がれたものは、時の人の思惑もあったりして、真相のほどは どーなのかとは、思います。

太公望も 目的を達するあたりから最後にかけては、淡々と進み、自らの国造りをはじめるところで終わってしまう。この最後の結末を目指して、呼んでいたのに、物語の進展が最後ほど、至極 急な かんじ で ちょいと、残念。

ただ、得るところは随所にあり、
商王朝を倒すがために、周を担ぎ、召とも手を結ばせ、自らは、その2派の参謀となって、反対勢力を結集していく。そこを目指していく という 志 は、そのための 知識欲 と、ひとりでは 事は成らない という 思いにあらわれている。協力を得るためには、正しい情報を与え、真の思いを語る そのことにつきるのかと、。

この時代の物語の良さは、もの ではなく、精神 にあることかなー

で、引き続き、
今度は、商の立場からみた、太公望-「王家の風日、宮城谷昌光著」 そして、
太公望が 最後に思いを託して担いだ周王の子、「周公旦、酒見賢一著」
を読んでみる。

「太公望」にかかわった この時代の賢人の 立場を違えた ものの考え方をちと学んでみよーかと、、。

« 内緒の アイデア ! | トップページ | ボランティアの時間預託という、発想 »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/41610107

この記事へのトラックバック一覧です: 紀元前の中国の教え ?:

« 内緒の アイデア ! | トップページ | ボランティアの時間預託という、発想 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ