円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« さすがに ショック 3-1 | トップページ | 甲武信岳登山 初日の写真 »

2006年6月13日 (火)

地球を蹴って、甲武信岳 登山 初日。

総歩行距離 約15km。山小屋泊、初体験。雨中の縦走。と、
久々にしては、かなり、過激な体験の2日間でした。まずは、初日から…

12年、頂上脇に五丈岩という巨大な岩の重なりが遠くからも望める奥秩父主峰2598m金峰山。
13年、遠望すると、八ヶ岳に似ているため「にせ八つ」とも呼ばれ日本百名山の著者、深田久弥さんの逝去地でもある、1704m茅ケ岳へ1764m金ケ岳からの縦走。
そして、15年、富士見パノラマスキー場のゴンドラ終点地点から1955mの頂上を目指した入笠山雪上登山。

それからというのは、毎年、夏のキャンプでは、ハイキング程度の山登りはしていたものの、本格的 登山は 3年ぶり。
しかも、一泊の縦走ははじめて、。だったので、とても、不安があった。


さらに、今回は、2475mという、金峰山に次いでの高さ。
金峰山、5月だというのに、残雪があり、頂上付近では、降雪、だったし、。

ただ、いままでも、そして、今回も参加したのは 市の企画ツアー。山岳会の指導者が随行してくれるという、
万が一の 安心感 はある。
とはいえ、参加者25名、職員4名、看護士、山岳会指導員2名という 所帯。
なにかあれば、みんなに迷惑をかけてしまう、という不安もあった。

その意味では、気持ち的には、なんとか体力づくりを、と思っていたが、
やはり、付け焼き刃。
迷惑をかけるところまではいかなかったが、ソートー疲れた。3日たった いまでも、ふくらはぎ は 張っている。

10:30 毛木平にて、ストレッチ後 登山開始。天気はなんかと、もっている。

登りを歩き出して、間もなく足の付け根が痛くなる。
2~3kmですでに、ふくらはぎ が張ってくる。

12:00 千曲川の源流 この先で昼食

このあたりまで来ると、足の痛みには、慣れてくる。が、段差のある道が続くと、
今度は腿が痛くなってきて、足を上げるのにいちいち意識するよーになる。
が、踏み出した足で体重を引き上げるより、後ろ足で地面を蹴る ほーが 疲れないらしく、その感覚がだんだんとわかってくる。
しかも、街にいて 道路を歩いているときには感じない、大地を踏んでいる かんじ が地球を蹴っている 感覚になってくるのが みょーに、いい。
ここまで、は 千曲川の川沿いを上ってきたのだが、 思っていた以上に水量が多く、水の流れる音が なんとも、いー。
気になったのは、綿のよーな 白い種?がやたら飛んでくる。スギなのか?
源流は、湧き水 というよりは、山から染み出ているかんじで、たまり水となっていた、。
水筒のコップですくって飲む。バーボンでももってくればよかったか、それとも、
ここで時間があれば、ドリップコーヒーでも入れて飲みたいところ。

15:30 ほぼ、予定通り 頂上登頂 達成。

最後の登りは、急登。しかも、瓦礫の道。距離にして150m位か。が これが 大変だった。
ほんとに、一歩一歩 というかんじて、。
残念ながら、曇天のため 見晴らしは なし。晴天ならば、相当の眺望らしー、。とても残念。
だが、登り切った満足感のほーが、優先
していて、それほど 気にならない。むしろ、携帯で友人達にメールしたかったが、電波届かず… 無念。ドコモは電波来ていたみたい、。

16:00 甲武信小屋到着

山頂からやや下って、山小屋へ。 すでに、テントサイトには5-6張。
小屋周りにも 人がおーい。この日はなんと、160名とのこと。
どーやらこんばんは、ふとんひとつに2人という 混雑。
なにはともあれ、缶ビールで、お疲れさん、。500円、秩父の地酒もコップ一杯500円。

17:30 夕飯は、カレーライス。

混んでいるので おかわりはなし。よって 最初の盛り加減で各自調整。
凡人は おーもりオーダー。
このカレーなかなかいける。
で、消灯20:30までのフリータイム。そーそーに寝てしまう人もいれば、
戸外で宴会も始まっている。 夕食の終わった食堂では、ビデオ
上映。小屋のおやじさんがでてくる、NHKの録画番組。 外は、8-9度 吐く息は白い。
小屋の中は ストーブ。フリースを来ていても寒い。

19:00 ビール2本程度 飲んで、指導員さんと少し話をしていると、朝も早かったこともあり、眠くなってくる。消灯をまたず、床に入る。

が、とにかく、スペースがない。上を向くとそれだけで狭い。しかたなく、横を向いて眠る、 と、ほぼ 1-2時間おきに目が覚める、
左右の人は、眠っている、。たぶん、互い違いに ねむれず起きているのでは、。
狭いことだけが 難 でそれを除けば、ふとんや毛布も比較的きれいだし、わりと快適、。ここまで、雨は降っていない。

足の痛みは、疲れと、酔いの せーか、あまり かんじない…

« さすがに ショック 3-1 | トップページ | 甲武信岳登山 初日の写真 »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
初めまして!aburinです。

地球を蹴って・・・いいですね~!

トラックバックありがとうございました。
これからもよろしくです

はい、どーもです
aburinさん 
ドモドモ\(^_^ ) ( ^_^)/ドモドモ

山の記事 書き出すとキリがなくて、
これだけ書いても まだ 書き足らない。
 ってかんじです。

今年は あと いくつか 登りたいと思ってます、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/41610129

この記事へのトラックバック一覧です: 地球を蹴って、甲武信岳 登山 初日。:

« さすがに ショック 3-1 | トップページ | 甲武信岳登山 初日の写真 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ