円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 阿佐ヶ谷ジャズストリート | トップページ | 自由演奏会に向けて »

2006年10月28日 (土)

集団的自衛権

Wikipediaによると、
集団的自衛権とは、「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力を持って阻止する権利」とされる。
 と、ある…

正しい用語解説は、それとして、
現代的日本語解釈?をすると、

団体、グループ、コミュニティ、職場 などの集団が、
その存在を維持していくために、集団として行うことのできる、自衛の権利。
あるいは、協力関係のある集団が「危うい仲間の集団」を支援しようとする行為。

っていうふうな 解釈で使うとすると…


ここのところ、あえて、集団的って記事を書いてきた。
集団的無責任。集団的責任転嫁。

そうならないように、していきたかった。結束できる、と踏んでいた。
仲間がいると、思っていた。
だから、ここでいう、集団的自衛権を行使できる、してくれると思っていた。

思ったより、時間は無かった。

優先順位は、その場の些末な問題解決よりも、
このことへの対応の方が、遙かに大切だった。
まして、取り繕うがための、対処より、。

自ら所属する集団、あるいは、統率する集団 を自衛すること。
(国際法上では、個別的自衛権というらしいー)
パートナーシップで結ばれている、(はず、つもり)の集団も、
集団的自衛権を行使する。

それができなかった。


ってことになったら、
はめられたってこと?
見捨てられたってこと?
になるのだろうか。

さて、

集団的自衛権が行使できたとして、自衛できなかった場合は、
集団的責任をとることになるのか。

だれが、
どの集団に対して、責任をとるか。

踏みとどまって、対処していくことで責任をとれるのか。
集団から 去っていくことで責任をとることになるのか。

集団的自衛権を行使できなかったとしたら、
結局、
集団的無責任、集団的責任転嫁 となってしまうのか。

それさえも、できなかったりして…

« 阿佐ヶ谷ジャズストリート | トップページ | 自由演奏会に向けて »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/41610215

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権:

« 阿佐ヶ谷ジャズストリート | トップページ | 自由演奏会に向けて »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ