円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« ドライミスト | トップページ | 24 twenty four シーズンⅤ »

2007年8月17日 (金)

新機種に替えドキ 「誰でも割」

お客さま満足度 No.1の au by KDDI。 誰でも基本使用料半額ってことは、
半額が定価ってことじゃないの? 公取的には …

誰でも 基本料半額 って、半額が 定価ってことじゃない?
(いえいえ、2年契約ですから…)

そーお?
年間通じて いつでも、「入会金無料」っていうのと、おんなじ でしょ。
これも、もともと、入会金 なんてないんじゃないって。

っていうことは、この際どーでもよくって。

新機種に替えドキです。
今までは、年割 だったわけです。
毎年毎年、値引率が アップしていく。マックス 50%まで。

短期だったら そんなもん かまうもんか ってなるけど、
コツコツ 継続してる人にとっては、

解約しないで、「機種変」。

って考えるのが ふつう。
4年目でやっと41%。50%になるには、あと、7年…
せっかくここまで 待ったんだから … となる。

が、しっかし、この「誰でも割」。
なんと、契約した その月から、50% off。
今まで、年割、継続 してた人は いったいどーすりゃ、いいの?

こたえは、ひとつ。そー、

解約、そして、新規契約。です。

しかも、この夏に新規になれば、
初月基本料金 なんと、4410円引き。パケ割り「ダブル定額」分が タダ。
と、きた。

さらに、新規契約で、 最新機種 は タダ。

さっすが、au by KDDI。

1.解約手数料はどうなるのか
2.今までのポイントはどうなるのか

を ともに、問題なし と 確認の上、

今まで、年割 していた、au ロイヤルカスタマー への
「誰でも割」への スイッチ契約の アナウンスの 悪さを指摘しつつ、も

なんつったってた、お客さま満足度 No.1 なんでしょ。
しっかり、対応した方が よいですよ と アドバイス など も しつつ

解約、最新機種 新規契約 と あいなりました。

ま・ん・ぞ・く !

機種は、三洋 W52SA 黒 です。

番号変更案内をした 知人から、なんで、 
携帯電話番号ポータビリティ (MNP=Mobile Number Portability) にしないの?
と不審がられてますが、

かような、理由から、です。

ほとんど機種変ではなく、新規にするだろう、
と、販売店スタッフは、口々にいっているとか、。

ってことは、おちおちしてると
soft bankのように、機種代金分割 ってことになりかねない。

今のうち、ですよ。

« ドライミスト | トップページ | 24 twenty four シーズンⅤ »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

だまされたような料金体系。
私も「なぜ番号ポータビリティの活用はせず?」
と思った口ですが、そうですか、
そういう理由だったのですか。
解約→新規契約のほうが、よっぽどお得なのですね。

…と書きながらも、(そして凡人さんが
きちんと書いてくださっているにもかかわらず)
やっぱり携帯電話の料金体系って、「ずばり半額」等
わかりやすくなったように言いながら、
なにがベストやら、家族とどうすりゃいいのやら!?

け、けっこうです「定食で」と弱気な私。

凡人さんは、SANYOの黒の「スクエアー」な
携帯&新番号で、新しい人生を楽しんでくださいね。
(私はauから機種デザインのいいSoftbankに
家族揃って移行しようかなぁ。)

パカパカ
実は、折りたたみ 初めてなんです。

なので、勝手が違います。
耳の位置が定まらないんですね

それと、耳に強くあてると、ヒンジから折れそーで(笑)

そんなこんな な 新しい人生 ですが、
たぶん、au ユーザーにとっては、

解約→新規契約 が 定食ですよ

でも、
日替わり で、またまた 新サービス かも…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/41612298

この記事へのトラックバック一覧です: 新機種に替えドキ 「誰でも割」:

« ドライミスト | トップページ | 24 twenty four シーズンⅤ »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ