円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« gooの木 | トップページ | セカンド・ライフ へ »

2007年11月23日 (金)

サックスの手入れ 

mixiコミュに質問しました。お答え頂いた諸先輩方 ありがとうございました。せっかくご教授頂いたので、「サックスの手入れについて」まとめてみました…

まずは、スワブを本体、ネック、マウスピースに通す。
回数は1~3回。人によって様々。
 凡人は、3回。

ただし、マウスピースは スワブを通すと傷がつく、削れてしまうという 意見もあり。
柔らかい布で水分をとる、リードが当たる部分だけ拭く など。

また、マウスピースの水洗いについて
お湯は変色するのでダメって聞いていたのでそれはともかく、
 凡人は、食器用の洗剤で洗ってしまったのだが、それはやめたほーがよさそう。

メタルはもとより、ラバータイプのものも水洗いはしないほーがいい という意見もあり。
さらに、ネックはコルクが痛むので水洗いは禁物とのこと。

つぎに、タンポの水分取り。
これは、みなさんおっしゃっていて、毎回やった方がよさそう。
 凡人は、3回に1回くらいしか、やってなかった。

クリーニングペーパー、そして、パウダーペーパーで。
というご意見。
 凡人もそうです。

ここで、mixiならではの、 マル秘情報が。

コーヒーのフィルター。吸収力があって、割安。
1枚のコーヒーフィルターをタンポのサイズに合わせて
切っておいて、
常に傍らに置き使用するんだって。
しかも、乾いたらまた使えるって。
これは、とびきり情報でした。ありがとうございました。

あぶらとり紙を使う、タンポ用のクリーナーを使うという方もおられました。

また、演奏中に水分がでる というご意見には、
 凡人もたまに うんうん(^-^)
横置きや膝上での横かかえ、を しないようにする という対策が。

さて、お手入れの仕上げは、本体磨き。
これもなかなかの 情報が。

指紋をクロスで拭く。これが一番いい みたい。
ポリッシュはつかわないほーがよさそう。
ラッカーが削れてしまうって。
また、ふき取り残しは、黒く残るとか。シミになったりするのかな?
特にシルバーはお気をつけをとのこと。
金メッキはクロスで拭くだけでキレイになるとか。
細かいところは 綿棒で拭くという方も。

ラッカーは塗料なのでメッキよりは はげやすいって。
サックスは 錆びて艶がなくなってる方がかっこいい、とも。

キィオイルの話題も。
差してはいけないキィーは特にないそうですが、差す必要のないキィもあるそうです。
また、テーブルキィの軋みは、ネジをジッポオイルで洗った後に、バルブオイルで油膜を作る というかなり専門的なご指南もあり。

さらに、年に1回くらいは、分解して磨くんだって。
ただし、組み立て、バランス調整ってことになるので、これは、専門家にリストアしてもらったほーがよいかも、。

っなことのよーです。勉強になりましたっ。
教えてくださった みなさん、ありがとうございました。
m(._.)m ペコッ

« gooの木 | トップページ | セカンド・ライフ へ »

saxophone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/41612328

この記事へのトラックバック一覧です: サックスの手入れ :

« gooの木 | トップページ | セカンド・ライフ へ »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ