円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 桜、咲いた | トップページ | 夜桜見物 大繁盛 »

2009年4月 1日 (水)

it's oh,so nice

この曲をスリリングでワクワクする曲、と前にも書きましたが、それは、小波から大波へ、寄せたり、引いたり という、ダイナミクスがあるから とだと思っています。なのに、つい、メロディックなフレーズの指の難しさ や リズミカルな連続する小節のテンポに囚われて、最も大切な、ダイナミクスをおざなりにしがち。なので…

定演に向けて、
You Tube のデモ をよーく聴いて、譜面を見ながら、曲のダイナミクスをアルトサックスを中心に分解してみました。

001-007:イントロ 基本は、ベース。
 002: ピアノ 004-005: 金管 がそれぞれ重なる

008-016:サックスはmp。
 静かに高いドに向けて抑揚をつける。
 唄いすぎないように。
 テレコで入ってくる金管は、p でしょうか。
 ここはかなり抑えめのようです。

 よーく聴いていると、全音符と付点2分音符は、
 それぞれ3,4拍目
がやや強いですね。軽く吹き
 上げる感じでしょうか。

017-018:金管
 強弱のイメージは、017mf>018mp
 特に017の1拍目はやや強いです。

019-022:ここは、4小節にスラーがかかっています。
 メロディックなのでつい強く吹いてしまいがち。
 入りはやさしく、020の ラ が強くならないように。
 021に入るまでがまんして、021でやや強くなり
 022-023は、落ち着いて抑えめ。

 この抑揚は難しいです。

023-031:1回目のソリ
 ここは、ソリですが、次の033からのソリのほうが
 強めになるので、そこを強調するために、
 抑えめのソリとなっているようです。
 このあたりがこの曲のダイナミクスです。

 特に027の3連譜は、勢いがつきそうな箇所。
 抑えめに。

033-035:2回目のソリ。
 軽快に、楽しげに。
 035にバリサクがアクセント。

036-037:Tpパートでしょうか。

038-043:譜面には書かれていませんが、
      3回目のソリです。

 038の入りはやや小さく
 041の4拍目から 042へと盛り上がっていきます。
 そしてまた、043へ デクレシェンド 

044:ドラムが1小節

045-048:前半の山です。 
 記号は f そして、047-048へ デクレシェンド

049: グッとおさえて

050-054:盛り上がりのピーク
 050からクレシェンド 052は ff です。
 054 で落ち着きを取り戻して
 055 のピアノへつなぎます

060-063:最大の指の難所
 落ち着いて高いドに向けて
 最初の2小節でクレシェンド デクレシェンド

ここで曲のほぼ半分です。 もー大変。

063-076:Tbのソロ
 アルトサックスはバッキング

076-082:Softlyと書かれています
 076の4拍目にはアクセントがあるので
 入りは やや はっきりと。
 078の2-4拍、080の1小節 は
 ピアノのアクセント
 082の4拍目の裏に、アクセントで、
 ピーク へ

083-089:2回目のピークです。ff
 
088の3-4拍は、抑えます。

090:Softlyに入り
091:3拍目が f
092-094:デクレシェンド
095-096:ほぼ mp ですね
097:4拍目裏から 098へ f

099:ドラム1小節

100-103:強めに 大波の予感を

104-105
106-107 それぞれ2小節がクレシェンド
 この強弱はかなり難しいです。

108-109:最後のピークへの予感
110-113:最後のピーク ff

そして、
113:3拍目裏から急にひいて、

114:ピアノ

115:エンディング
 大波が引いていく~

前半は小波~中波を繰り返して、大波へ そして、グっとひいたところへまた大波が。
後半は、ラストの大波へ向けて、中波が来たり引いたり。
と、いったところでしょうか。

これに、指との格闘と、休符の読みが加わります。
さぁ、どうなることやら、。

お楽しみに。
      

« 桜、咲いた | トップページ | 夜桜見物 大繁盛 »

saxophone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/44516859

この記事へのトラックバック一覧です: it's oh,so nice:

« 桜、咲いた | トップページ | 夜桜見物 大繁盛 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ