円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 書籍の帯 | トップページ | 山陽の長 »

2009年5月31日 (日)

市長へのメール

ゴールデンウィーク中に久しぶりに 市の 図書館に行った ときのこと…

例のホノカアボーイ で紹介されていた ニック加藤 さんの 誰も知らないハワイ 。

借りようと思ったら、図書カードの登録が抹消されていた。
3年使わないと、住所確認できるモノが必要とのこと。
その場では借りられ なかった。

でも、おかしな。
だって、図書カードを作った時には とーぜん 住所確認しているはず。
なのに、3年使わなかったからって、
抹消は、ないじゃない?
使わない人も登録しておくと、確かに、ハードデイスク いっぱいになっちゃうかもしれないけど、

だったら、「3年経ってますので次回利用するときは住所確認できるモノをもってきて」って事前告知があっても、いーよーなもの。

と、思って、市に確認してみた。
「市長へのメール」で。

で、返事が来ました。

-----------------------------

このたびは、図書館職員の不適切な対応により、ご迷惑をおかけし、申し訳なく思っております。図書館カードにつきましては、利用を続けられている場合も含め、利用資格の有無を確認するため、3年ごとに住所確認をしております。図書の予約・貸出の際に、登録から3年以上経過している図書館カードをお持ちの方で、その場で住所確認ができない方については、予約・貸出を行うと同時に、案内チラシをお渡しして、3ヶ月以内に住所確認を行っていただくようお願いしているところでございます。このたび、職員がこの手続きを失念し、誤った対応をしたことにつきまして、お詫び申し上げます。当該職員に対しましては、今後このようなことのないよう厳しく指導するとともに、改めて、図書館の全職員に業務マニュアルの徹底を図りました。

-----------------------------

やっぱり、ね。
けど、窓口の職員の方は、ほんと、申し訳なさそうに、話してくれていたので、
たぶん、「住所確認できないと貸せない」というオペレーションになってたんじゃないかなー。

さらに、

-----------------------------

また、登録者情報を管理するシステムについては、昨年度まで約10年間の情報を保有していました。しかしながら、データ量が膨大になり、図書館のカウンターで、カードの持参を忘れた方などの検索が円滑にできなくなってきていたことから、登録者情報の保有期間を5年間に変更いたしました。 このため、登録者情報が残っていないケースが出てまいります。その場合でも、今までどおり図書の予約・貸出等はできることとしておりますので、利用者の皆様に対する広報は行っていませんでした。 市としましては、登録者情報の保有期間を延長することが可能かどうか検討するとともに、さらに利用しやすい図書館となるよう、より一層、努力してまいりますので、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。 

------------------------------

ってことは、3年じゃなくて 5年も 使ってなかったことなのかなー。

でも、どっちにしても、
その場で確認できなくても、図書カードさえあれば とりあえず貸してくれるってことなんで、それはそれでいーんじゃないでしょうか。

でも、悪意を持った人がいるとすれば、
貸しっぱなしで、 返してもらえない ってことにもなるので、
市報やコミュニティセンターなどの市の施設を使ってちゃんと「広報」したほーがいーんじゃないかなー。

それは、そーと。
このような、システムを変える ってためには、そーとーの議論があってのこと のはず。
会社だと、会議。行政だと委員会 とか 議会 ですよね。

やっとの思いで、変更が決定しても、現場のオペレーションや、市民(社員)に変更が徹底されないとすれば、

ほんと、ムダな時間を 会議や議会に費やしたことになる。

こーいうことは、きっと よくあること。
やっぱ おかしーな、と思ったら ちゃんと 問い合わせして 真意を確かめる 必要は あると思う。

くれぐれも、マニュアル つくったり しただけで、終わらせないよーに。
自戒も込めて、ね。

« 書籍の帯 | トップページ | 山陽の長 »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/45144003

この記事へのトラックバック一覧です: 市長へのメール:

« 書籍の帯 | トップページ | 山陽の長 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ