円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 祭りの前の日本酒 | トップページ | 国会中継 »

2009年9月16日 (水)

吉祥寺秋祭り2009 レポート

Imgp2328w240

左右の奥歯が 痛い …

歯を 食いしばって 御輿を 担いでいたからでしょーか
(^_^;)

っん、な ことは ない、と思いますが、
疲れ でしょー、ね。

それほどに、 担いで しまいました。

まだ、ふくらはぎ 股の大腿筋 パンパン です。
そして、左肩 には コブが 出来ております。

9/12(土)
雨 でした。 ときどき あがってくれるのですが、。
さすがに 気持ちが 盛り上がりません。

午後には、お宮の神馬も町会へお出まし。

Imgp2330w240

宮御輿の町内渡御 も あったのに、

「もう、今年が 担ぎ納め かなぁー」
なんて、思ってしまうほどに…

雨に打たれると、 疲れも 倍 になるようで、。

3回目の巡行の途中から おお降りに。
これほど 雨に  打たれたのは いつ以来 でしょーか…

9/13(日)
一夜明けて、晴天っ!
土曜日の晴れない気分も 一度に ふっとび
朝からパワー全開っ!

まずは、町会御輿の宮だし から。
武蔵野八幡宮に各町会が大集合。

Imgp2331w240

それほど広くない境内は 担ぎ手で 渋滞。
しっかり、前棒を確保して、しっかり 担ぎました。

Imgp2334w240

そして、午後は駅前のセレモニー会場へ。

Imgp2352w240

ここには、9町会の御輿が 大集合。
いつものように、沿道には溢れんばかりの 人垣が。

昨年は、その中で No.1 の担ぎが できた、ということで、
記念にみんなで担いでいるところの大型ポスターをいただいた
とのこと。
町会の奉納紹介掲示板に しっかりと張られていました。

Imgp2343w240

さて、今年は どーだったかな?

セレモニー会場でひとしきり担いで、御輿は、各町内へ。
このチャンス逃さず 一息入れました。
ハモニカ横町で ビールで

(^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

これが ないと、カラダ 持ちません ので、。

そして、最後の町内巡行。
お約束の 女御輿 も おお盛り上がり。

Imgp2354w240

納めの担ぎは、なかなか 真っ直ぐに納められず
いつものように 何度も何度も担ぎ直し。
これが たまらんの です。

と、いうことで、年に1度の 大イベント も 無事終了
やっぱ、やめられません、ね。
来年も、よろしく、です。

けど、ちょっと ひとこと だけ 付け加えておきます。 

えっと、
御輿を担いだことのない方にはちょっとわかりづらい話かもしれませんが…

200人からの人がひとつの重~い 御輿を 気持ちを一つにして担ぐわけです。それが御輿担ぎの醍醐味なワケです。まぁ、長いこと担いでいると顔見知りはおーくなりますが、それでも、どこで何をしている人かは ほとんど知りません。

そんな人たちが集まって、あいさつして、胸や背中を重ねて また ある時は、前の人の帯を掴んで、その前の人の肩や腕を掴んで 上下にカラダを弾ませて 担ぐワケです。

リズムが狂えば、御輿は左右にブレてしまいます。
あくまでも、上下に ゆする のが うまい 担ぎ。

そのためには、息が合わねば ならないのです。
右も左も、前も後ろも、
一定のリズムの かけ声 が必要なワケです。

揃って担いでいるときの なんと 気持ちの よい ことか。
それが御輿担ぎの醍醐味なワケ です。

ところが、どーも その リズムが合わない。
めっちゃ、早い。

そりゃー、担いでいれば、盛り上がって来れば来るほど、早くなるのはわかるけど、
(おやじバンドの演奏って一緒で…(^^ゞ)

もーちょっと、合わせよう と いう 気持ち を 大切にしてほしーな
と、いう想いが 特に 今年は、強かった。

あんなに早いリズムに なると とてもとても 担いでられない。
足と肩が 合わない。

早いのは、決して 粋 じゃないっ。

それと、もーひとつ。
駅前に行くと、キャラリーも多くなり、担ぎ手にとっては、カッコつけたいところ。なので、みんな担ぎたくなる。担いでいる人の2倍いる担ぎ手は、出番を待っている。

なので、ところてん方式 になる。
前の人が抜けたら、後ろから入る。順送りで少しずつ前に進んでいく。

これば 理にかなっていて正しい。
たまに割り込もうとするヤツがいると周りから総スカン
(;ΘβΘ)~~σ チィ~スータロカァ~)

けど この ところてん方式。
いータイミングで次々と順送りにしてくれるといいんだけど、

辛い間をガマンして、やっと、鼻(先頭)に、来た と思ったら すぐに はじかれる。これは、なんとか、してほしー。
その逆もある。鼻に立つまでに しこたま担いで やっと 鼻に来たと思った時には もー疲れてる なんて ことも…

この采配は とっても 難しいーと 思うけど
絶妙の さばき これも、ひとつの醍醐味 なので、

リズム合わせ と ところてんの さばき

ひとつ、来年は、そこんとこ、よろしくっ、!

« 祭りの前の日本酒 | トップページ | 国会中継 »

community」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/46222263

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺秋祭り2009 レポート:

« 祭りの前の日本酒 | トップページ | 国会中継 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ