円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 事業仕分け | トップページ | 復刻ラガー VS プレミアムモルツ黒 »

2009年11月26日 (木)

COTTON CLUB

Imgp2547w300

丸の内の COTTON CLUB に、時代を超え、専属バンドがやってきた…

一度行ってみたかった、クラブ

Paul Ellington率いる、DUKE ELLINGTON ORCHESTRA。
ゲストに、Nicole Henry。

講演の最終日、最終回。ラストステージを見てきました。
身震いしてしまうほどのかっこよさ。2列目でしっかりと体験させてもらいました。

それなりにお高いクラブ。普段そうは行けないので、しっかりレポートします。

まず、開場時間ちょい過ぎに到着。

Imgp2551w300

クロークでコートとバッグを預けて、受付へ。

ナンバーの入ったカードを受け取り、ホワイエで、待つことしばし。

Sa3a0118w300

ボックス席予約の方から優先に、座席へと案内されていく。
テーブル席の予約者はその次に、番号順にコールされ、座席の希望を聴きつつ適切な席へ案内されていく。

もちろん、「前」で、全体が見渡せる「中央やや左」を希望。
ここなら、ピアノもちゃんと見られる。

ハイネケンとパルマ産生ハム自家製ピクルス添え をオーダー。

ハイネケンをひと口、ふた口、呑むほどに、
開演の 影ナレ が lady & gentleman … とはじまった。
いよいよ、だ。

メンバーがステージへ客席を通って上がっていく。
ステージの箱譜の席の横にはすでに楽器がセットされている。
1stステージの盛り上がりが、そこに見られる。

初めから3曲は、聴くいたことはあるようだが、明確に曲名がわから、ない。英語での紹介もうまく聞き取れない。
1曲目は、メドレーのバンドテーマ曲。たぶん、(^^;)
2曲目は、a.sax奏者がいきなり、vocal 。 G's mood かなー、よくわかりません。
3曲目は、minor goes a muggin 。

とーぜんのことで、ですが、現バンドにアレンジされていたりもするので、なかなか曲名が定かにならない。

そして、4曲目は、mood indigo 。
5曲目 cotton tail 。
これは、すごかった。
イントロは、t.saxの掛け合いから始まり、
途中では、2t.sax +2a.sax+バリの 超高速ソリ、で 絶頂へ。

8曲目から 4曲は、ゲストのニコルさん。
it don't mean s thing 、 stain doll を 熱唱。

12曲目は、トロンボーン奏者がクラリネットに持ち替えて、
途中5分くらい、ベースがソロ。曲名は?

そして、satain doll のショートバージョンで、終演。
けどこれでは終わりません。

アンコールは、もちろん、ニコルさんのボーカルも加わって、これ。

ちょっと、曲名がわからない、聴いたことのないマイナー?な曲も半分くらいあったのは、残念だったけど、
とっても、贅沢な、ひとときを過ごせました。
ゴーシャスな、雰囲気と演奏への、満足度は、さすがに高いです。

ラストステージ を狙ったのは、よかったのか、ラス前のほうがよかったのか、今となってはなんとも …

でも、まぁ、ビッグバンドというのは、こーいうものなんだというのが よーくわかったよーに、思います。
奏者それぞれは、有名か無名?かどうかは、別として、
曲でフューチャーされるときは、スターであり、もちろん、ピンのソリスト。
そんなミュージシャンの集まりがビッグバンド。
バンド全体で曲を奏でる というよりは、各パートのソリストをバックアップする、というフォーメーション。

う~ん、そーなのかぁ。

ちょっと思ったのは、こういうクラブでビッグバンドの演奏というのが、もっと身近にあってもいーのなかぁー、と。もっとBGM風に聴けたなら、ほんとの贅沢ってことになるのかなぁー、とも。

などと、帰りがけに寄ったバーで、お勧めヌーボーをいただきながら、独り言。

Imgp2552w300

1920年代のハーレムのコットンクラブでは、どーだったんでしょーね。

ライザミネリのキャバレーは見たことあるけど、
リチャードギアのコットンクラブは、まだ見ていない。
余韻がある内に鑑賞、してみましょうか。

さて、
来春には、カウントベイシーが来日とのうわさも、ある。
楽しみです。

« 事業仕分け | トップページ | 復刻ラガー VS プレミアムモルツ黒 »

live」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/46847052

この記事へのトラックバック一覧です: COTTON CLUB:

« 事業仕分け | トップページ | 復刻ラガー VS プレミアムモルツ黒 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ