円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« ぼたごしょうチャーハン | トップページ | 赤の発泡 »

2009年12月20日 (日)

シングルバレルのバーボン

Imgp2637w300

実は、日本酒ほど語れないのですが…

ある雑誌の広告に目がとまり、すごーく、興味を惹かれ、とにかく、一口呑みたくなって、

で、バーに行って、ワンショットしよーかと、思ったのですが、
年末年始の家酒にと、お買いあげ。

まずは、このボトルキャップ。
どのシーンかは、定かではありませんが、
競馬のパドックからウイニングランまでの8シーンをデザインして、造られているそーです。

名付けて、8キャップと言うのだ、そうです。

で、これは、きっと、ウイニングランだろーと、眺めつつ、呑んでみよーかと。
年の瀬は、有馬記念です、から…

そして、このラベルです。

Imgp2635w300

Imgp2639w300

手書きで ボトル番号、瓶詰めされた日付、タル番号 などが書かれています。

宝のHP ブラントンのページによると こんな調子です、
数字は、写真の現物のナンバーです。

「ボトル1本1本が、ブラントンディスティリングカンパニーにおいて登録されております。このボトルの登録番号は、<114>番です。 ディスティルド&ボトルド・バイ・ブラントンディスティリングカンパニー フランクフォート、ケンタッキー

このバーボンウイスキーは、<2006年9月5日>に樽番号<210>、<H>倉庫の<44>段目で貯蔵されていたものから取り出されたものです。アルコール分<98>プルーフ(46.5%)で1本1本厳選され、ろ過し、びん詰めされたものです。ケンタッキーストレートバーボンウイスキー。アルコール分49%。 」

ブラントンは、このラベルに書かれているとおり

コーン、ライ麦、大麦麦芽を原料に製造したバーボン原酒。
まずは、4年間樽貯蔵した後、マスターディスティラー(製造責任者)のテイスティングによって厳選した樽だけを、特別な倉庫で4~6年間再貯蔵し、最高の状態に達したと判断した段階で、他の樽とまぜることなく、1つの樽からのみ壜詰めするシングルバレルバーボン。
この「特別な蔵」というのが、 H蔵 なのだそーです。

こんな、うんちく、もーたまりません、です。

ワタシが買ったのは、シルバーラベルです. が、
ゴールドラベルも、あります。

« ぼたごしょうチャーハン | トップページ | 赤の発泡 »

bar time」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/47123547

この記事へのトラックバック一覧です: シングルバレルのバーボン:

» ブラントンはやっぱり良いですよね [中年サラリーマンお父さんの日記]
私は洋酒系ではバーボンが一番好きなのですが、その中でもブラントンがお気に入りです。独特の形状のビンとダービーのキャップにまず目を留めますが、実際に飲んでみるとその芳醇な香りとまろやかな味わいに驚かされます。バーボンと言うと荒々しい味わいを予想します、このお酒は樽での貯蔵期間が長い為か、非常にマイルドな味わいです。また、シングルバレルと言って他のお酒と違ってただ一つの樽からとった原酒のみを詰めて、し...... [続きを読む]

« ぼたごしょうチャーハン | トップページ | 赤の発泡 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ