円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« ブレてる? | トップページ | まだ×3 in 日本青年館 »

2010年7月 3日 (土)

地域力宣言2010

Img_0950w400

百貨店が低迷、6月も前年同月マイナスと、ニュース。池袋の東武百貨店に足を運んでみた…

開店を待つ人だかり。どうやらこの日は夏のバーゲンのスタート。
東武クリアランスSale夏の一斉値下げ」と重なった、のがその理由のようだが、

平日の百貨店に、開店前からそれなりの集客があり、やや驚いた。
開店と同時にエスカレーターで登っていくと、各フロアで店員さんがお辞儀をして「各フロアでバーゲン」狙いの客を迎えてくれる。

お目当ては、バーゲンではなく、催事場で開催されている、「地域力宣言2010」。
WEBサライ」もバックアップしているこのイベントに、「記録」の腕章をお借りして、取材に出向いた。

「地域力宣言2010」とは、
全国商工会連合会が主催し、中小企業基盤整備機構が後援、日本商工会議所、東武百貨店の協力で運営されている。

「地域力宣言2010」のWEBサイトには、

地域を元気に!そして日本を元気に!地域産品の販路開拓を支援

全国の農林漁業者や中小・小規模事業者が開発した魅力ある地域産品を一堂に集め、国内主要都市及び海外市場において、一般消費者や流通事業者へのPRを推進し、販路開拓を支援することを目的とした物産展です。

と、ある。

百貨店さんも、こういう主旨のイベントを自ら主催したほうがいーよね。
カンブリア宮殿にでていた、大森のダイシン百貨店 西山社長は、他の地域に対する競争力を高めるために地域商店街とコラボをして、地域住民との関係性を強化している、とか。

さて、その地域力。この東武百貨店を皮切り、全国9カ所で順次開催していく。会場は必ずしも百貨店ではないけれど、単なる有名ブランドを集めた物産展ではないので、近くに行った時には、ぜひ覗いて見てください。くわしくは、こちらから

単なる有名ブランドの物産展、ではない。とは、どういうことなのか、会場をひと回りしつつ、取材してみた。
なにせ、38都道府県、56社が出店しているので、取材も大変。
こちらが興味をもっても、相手が話しにのってきてくれないところもあり、話をしながらメモを取るのもなかなか難しい。WEBサライにお借りした腕章が随分役に立った。

取材ができたブースから、いくつかをご紹介します。

まずは、話のしやすい、お酒に関連するところから、
1.宮城、サンケーヘルスさん

ネットで会社を検索してみると、もともとは、サプリメントの製造を受託する会社だそうですが、天然温泉「夢実の湯」という温浴施設も経営されている大きな企業さん。
でも、出品していたのは、ネット通販では売られているけれど小売りは地元だけだという、地ビール。

Img_0952w400

「奥州仙台-伊達政宗麦酒、支倉常長麦酒、片倉小十郎麦酒」。
このビール、それぞれ、まったりヴァイツェン、すっきりピルスナー、さっぱりケルシュなお味なんだとか。呑んで見たかったけど、試飲はしてなかったし、まだ他の取材もあるのでガマンガマン。6本セットの愛姫セットなるものも売っていました、。

ビール酵母が生きている“ナマ”なんだそうで要冷蔵のビール。
まったり、すっきり、さっぱりがセールストークなんだ、そーです。
やっぱり、呑めばよかった。

2.埼玉、市川商事さん

日本三大焼き鳥のひとつ「東松山」から、「冷凍やきとり」の出品。
東松山は、むかしむかし、仕事のルートのひとつだったので、少しは知っているれど、もう、30年も前。随分変わってるんだろうな、。

この東松山には、焼鳥組合というのがあるくらい、やきとり屋さんが多い。
特長は、味噌ダレなんだそうです。各店自慢の味噌ダレを楽しめるとか。ところが、営業時間が17時から21時となぜか、短く、土日はお休みなんだとか。

そこに目をつけ、いつでも、東松山の焼き鳥をと、冷凍にしたのが市川商事さん。社長自ら、ホットプレートで焼いてくれました。

Img_0954w400

味噌ダレ、確かに、いける。ビール呑みたい。サークルKさんで、販売しているそうですが、定番化されているかどうか・・・

豚の頭肉に含まれるビタミンB1、串差しにした長ネギの食感もそのままに「冷凍」することに大変苦労された、とか。社長の「東松山への想い」が伝わってきます。

それにしても、豚肉なのに、なんで焼き鳥?社長曰く、
さかのぼること江戸時代、二本足の雉を焼いて食べていたとか。それが高級食材だったため、のちに庶民は、豚肉で真似て食したのが豚肉を焼き鳥と称する所以なのだ、とか。

なるほど、ねぇ。
味噌ダレ、おいしかった、です。

その他にも、酒のつまみになりそうだった、のは。

福井、矢部海商さんの「焼鯖」

Img_0956w400

愛知、平松食品さんの「つくだ煮」

Img_0955w400

さて、お次は、スウィーツをお訪ねしてみました。

3.岩手、道の奥ファームさん

発芽米がロールの生地になっているとか。今流行の米粉ですね、聞いてみると、

こちらは、農家をされていて、ここで収穫できるお米は、胚芽が、普通の米よりも大きいんだそうです。タダでさえ栄養価が高いのに、それを発芽米にしてしまうのですから、栄養満点、発芽米の独特の臭いも抑える工夫が凝らしてあるらしく、学校給食でも子供達からの評判がいいそうです。

それをもっと、普及させたいということで、手軽なロールケーキに加工したとのこと。
ひとつまみ頂きましたが、おいしーです。

Img_0958w400

発芽米はちょっとお高い。けれど、米農家さんが、安心して生産できるようにと、商品化されているそうです。発芽米の米粉で、パスタもつくっているとか。

頼もしい岩手の地域力を感じました。

4.東京、ポタジエさん

ポタジエのオーナー、柿沢さんを見かけたので、お話ししました。
ポタジエさんは、昨年長野信濃町で、ベジ食べるフェアで、地域の野菜を商品化するプロジェクトで、地元のおかあさんたちのレシピコンテンストがあり、それに参加されていて、ご自身もぼたごしょうのスウィーツを作られていた。
(ちなみに今年もベジ食べるフェアは実施するそうです)

黒姫で「都市と農村のつながり」をテーマとしたツアーがありそこでその情報に出会った。

柿沢さんのポタジエでは、野菜のスウィーツを展開されており、今とても人気のパティシエ。地方を応援されている柿沢さんならではの今回のテーマ何?

Img_0959w400

写真では、ちょっと、わかりにくいかもしれませんが、
とまと、です。
・デリシャストマトとオリーブオイルのゼリー
・デリシャストマトと河内晩柑のムース

なんで とまと なんでしょう。その答えは、こちら、 

5.宮城、デリシャスファームさん

こちらがその、とまと、です。
ジュースをひとくち頂きましたが、甘い。まさにジューズです。
さらに、赤くない透明のとまとジュースも。これは、とまとのエキスを一滴づづ時間を掛けて抽出しているんだとか。赤くなくても、とまと、でした。

で、このとまと、日本では珍しい品種を、水栽培ではなく、土からつくる独自の栽培法で、とても手をかけて作っているんだとか。
だから、「甘い」んですね。ほんと、フルーツのようです。

Img_0965w400

その味が、柿沢さんの目に止まったんだとか。

隣り合わせのブースで、コラボレーションをアピールされていました。

最後にひとつ、気になった工芸品。
6.富山、能作さん

なんで気になったかと言えば、そのわけはこれです。

Img_0969w400

純度100%錫(すず)のお猪口。
鋳物の技術、富山の伝統工芸を引き継いで伝えていくために、その技術にデザインを掛け合わせて、新しいモノづくりに挑戦されている。

ちょっとビックリしたのは、錫って、柔らかいんですね。
出来上がった、デザインされた商品でも、手でカンタンにカタチを変えられてしまうんです。それを想定したモノづくりということのようですが、コンセプトは、今風かな、と。感心しました。値段も思ったほど高くなく手頃。

夏の冷酒、には持ってこいかも、です。
(・_・)ヾ(^^; オイオイ

他にも、熊本の牧場の果肉の入ったソフトクリームや、鱧は京都ではなく、徳島産なんだとか、長野のおやきは、具ではなく餅が特長だとか、たまこ自慢の島根のロールケーキ、盛りだくさんの「地域力」を体感出来ました。

今回の取材には、ひとつに「商店街の活性化」というテーマをもって、臨んだのだけれど、そういうことではなく、
生産者を元気にさせる、商品化。とその商品のプレゼンテーションの“場”ということのようですね。

主催者側に何らかの審査基準があるようですが、みなさん「推薦」されての出展だけに、どこもそれなりに特長があり、しかも、みんな “目が輝いてます”。それがなりより、だったかな、と。

池袋東武百貨店での開催は、7/6(火)まで。
百貨店の集客力も含めて、地方でガンバっている“ちから”を体感しに出かけてみませんか?

« ブレてる? | トップページ | まだ×3 in 日本青年館 »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

道の奥ファームさんって遠野なんですね。
他にも(株)惣兵衛とか雑穀のプロ農夢花巻とか
農業をベースに面白い仕事しているところが
岩手県内にもいろいろありますよ(^^)

コメントありがとうございます。
米どころ岩手ならではの地域力は、それをベースにより専門家、あるいは、異業種とのコラボへ、ということでしょうか。
では、都会の地域力ってことになると何がベースになるんでしょうね、ちゃんと考えないといけないなぁ、と思いますね。
道の奥ファームさんとは直接お話できたので、その事業にかける強い想いが確認でき、親近感が持てて「ロールケーキ」を人にも奨めたいと思いました。
やっぱり、「出会い」がコミットメントを生むということはあると思いますし、もともとの動機がその「出会い」を確かなモノにするということなんだろうと思います。「出会い」を求めている人へ「場」をつくることがなりより、かと。

物産展って秋のイメージがあるんですが、初夏の物産展もいいかもしれませんね。
最近は、地域×地域で企画した食べ物など、よく目にするようになりました。
海外×日本の企画した食べ物ってないんですかね。

東松山は焼きトンの町らしいので、いつかはいってヘベレケになってみたいです。

オクラホマスタンピートさま コメントありがとうございます。

そうっすね、でも、東松山でヘベレケ。やっぱりビールでしょうか。
海外×日本 あるんじゃないかなぁ 見つけたら記事にしますね。

これからも、よろしく、です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/48774018

この記事へのトラックバック一覧です: 地域力宣言2010:

« ブレてる? | トップページ | まだ×3 in 日本青年館 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ