円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 表参道 Rin×サライ | トップページ | 表参道 Rin×サライ その3 »

2010年7月14日 (水)

表参道 Rin×サライ その2

Img_1055w400

7/1にリニューアルされた表参道「Rin」のレストランフロア。2F奥には、17、8人入れるシックでおしゃれなスペースがある。そこで行われた、日本酒利き酒会…

2階の奥のスペースへとつながる通路には、生産者の顔の見えるディスプレイが。
せっかくなんだから、もう少し、フロアの中央にあると、いいのにね。
でも、奥のスペースに行く人にはちゃんと、見られます。なかなかいーかんじ。

Img_1053w400

Img_1050w400

そして、奥のスペースには、すでに利き酒会のセッティンクがされていて、
なんと、そのテーブルには、先日「地域力宣言」で、お話をお聞きした「能作」さんの「すずのお猪口」が用意されている。
o(@^◇^@)oワクワク

Img_1065w400

しかも、それだけでなく、「江戸切り子」のお猪口も。
(^0_0^)

Img_1063w400

なんとも日本酒好きには、そそられるセッティング。
そして、この「江戸切り子」は、東京亀戸、華硝」さんもの、とか。
まずは、宣伝部長?の熊倉さんに「切り子」の解説をしていただく。

この、「華硝」さんは、亀戸で工房を構えて半世紀以上の老舗。
あの洞爺湖サミットに出席された各国首脳のお土産としても配られた、とか。
ヨン様も、お気に入りなんだそーです。

が、この江戸切り子の原型(削る前の)の「江戸ガラス」を製造されているのはもはや3軒しかないんだ、とか。そして、「華硝」では、亀戸の工房でしか販売していないそーな。
作り手と買い手がお互い顔が見える売り方。ってことは、ヨン様は、買いに行った・・・

「切り子」は、薩摩にもあるらしいが、薩摩切り子は伝統をそのままに作られているそうだが、こちらの江戸切り子は、伝統技術にデザインを付加し、日常的にも親しみやすくしているんだとか。
「糸菊つなぎ」というデザインは、華硝さんが登録意匠なんだとか。

Img_1066w400

赤いフチの次の白いライン、その下にデザインされているのが、「糸菊つなぎ」。
細かいですねぇ、とても繊細です。

ちょっとびっくりしたのは、この赤と白。どーなってると思いますか?
元々の原型の江戸ガラス自体が赤と白の二重になっているんですって。
とてもそんな風には見えない、でしょ。

Img_1060w400

これを丁寧に削っていくんだそーです。
そして、磨きも、手で磨いていくそーです。
薬品につけて、磨く手法もあるそうですが、それでは、この輝きは出ないのだそうです。

Img_1062w400

手前のやや大きいのが薬品につけたもの。
ねっ、輝きが違うでしょ。

と、しっかり、江戸切り子のお勉強をさせて頂きました。
能作」さんの解説は、 こちらを。

そろそろ、もー、待ちきれない。
酒器と肴を前にしての講義はちょいと、つら~い。

で、待ってましたと、いよいよ、利き酒師の大西さんが、講釈しつつの、利き酒会の始まり、です。(その3へ続く、やっとこ、銘酒の登場です)

« 表参道 Rin×サライ | トップページ | 表参道 Rin×サライ その3 »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/48856344

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道 Rin×サライ その2:

« 表参道 Rin×サライ | トップページ | 表参道 Rin×サライ その3 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ