円高?株安?

  • 経済指標

つぶやき

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 災害時の携帯電話利用の教訓 | トップページ | 輪番停電 »

2011年3月13日 (日)

災害報道の流れ

被害の実態、災害の大きさが徐々に明らかに…

昨日は終日TVに釘付けでした。
でしたが、昨日の段階では、災害の大きさ、壊滅状態をいやというほど見せつけられた。

どこにどれだけの人が救援を待っているのか、
その救助活動がどうなっているのか、
までは、よくわからない。

原発の情報だって、実態が よくわからない。

報道活動にヘリが使われているが、
果たして、現地の人々にとってこのへりは、救援なのか報道なのか
伝わっているのだろうか。
報道で取材された情報は、救助活動に生かされているのだろうか。

被害状況を示す「数字」もいろいろと発表されているが、
その「数」は全体に対してどのくらいのウエイトなのか。
「数字」の大きさにばかり気をとられていると全体が見えない。

報道は、「漠然と、大変なことになっている」 というコトだけに過ぎない。
と、感じた。

原発の情報も含め、
コメンテーターの解説は、どう評価し判断したらよいのか。
とも、思った。

そして、3日のとなった今日。
朝から、かなり現場に入り込んだ情報となってきている。
被災された方々の個別の声、個人撮影の映像なども放映されつつある。
救援活動などの映像も徐々に見えてきている。
共同映像から、各社の独自取材による報道へと移つっていくのだろう。
昨日までそれほどなかった、避難所への取材が多くなっているようだ。

徐々に被害状況の内部へと取材が進んでいく。

一部、政府への批判もはじまっている。
そして、経済への影響は、ようやく、コメントされるようになってきた。

たぶん、今日は、このあたりがテーマとなってくるんだろう、と、思う。

これだけの被害。
日本経済全体への影響は計り知れない。
政府批判など、コメントしているヒマがあるなら、対策を考えたほうがいい。

東京だって、いつこーなるか、わかんないし。
言い方は悪いが、今回ばかりは、あの「揺れ」と、徒歩帰宅という「被災」を体験してしまったがために、そして、今でも余震が続いているが故に、東京の人たちも、「怖さ」を自分事として感じている。

スーパーでは、ミネラルウォーターやカップラーメンなど品切れとなっているようだ。

安全な内に「対策」をとるのは、いい。
けれど、今できること、この先のことを考えると、
ミネラルウォーターやカップラーメンを買いあさることだけではないように思う。

そのことへの警告をもっと、報道すべきではないだろうか。
一人一人が出来ること、そのパワーを集約しておくこと。
そのあたりの再確認をすることを、首都圏各自治体に求めたい。

« 災害時の携帯電話利用の教訓 | トップページ | 輪番停電 »

Weblog」カテゴリの記事

コメント

水やカップラは家が無事だったら必要でしょうが、
とにかく何より情報が必要になります。
携帯充電器、ラジオ、懐中電灯、
そして各種たくさんの電池。
これらは常に身近に置いておくべきだというのが
今回の教訓です。

了解です
そちらに行くようなことになれば 電池を買い込んで行きます。

電池や充電器は停電の時のための備え。
通電した岩手内陸部は大丈夫です。
沿岸地方の人たちは情報もなく、食べ物、着るものもなく
大変な状況と思います。

いま私の身の回りで一番不足しているのは
何といってもガソリン、灯油、重油。
開いてるGSが少なく、2時間並んで10リッターです。
電車が動いていないのでどこにも行けません。
高速が止まっているので物流も全然ダメ。
乗り合いで会社に出て来たものの仕事になりません。

この物資不足がいつまで続くのか先は見えませんが、
家や仕事を無くした方々に比べればまだ幸せ。
家族みんなが生きてるだけで充分です。
がんばります。

報道でも流れているようですが、東京でも、米や電池などが売り切れになっていると、いうことのようです。

電池まだ仕入れていません、東京でこんなことになるなんて・・・

凡人さん、ご無沙汰しております。

本当に久しぶりですが、ちょっとコメント書き込ませていただきます。

山口は、「何もなかった」かの様に静かではありましたが、やはり物品不足、在庫逼迫してきました。

恐らく、「救援物資」として、風屋さんがお住まいの岩手県、や宮城県、とりわけ太平洋沿岸地方で避難生活を余儀なくされている方へ運ばれたものと理解しています。

山口からの救援部隊も、滑走路が使えた花巻空港に降り立ってから、甚大な被害があった、太平洋沿岸へ向かったものと思われます。

もう、全国で共有する「リアルな現実」です。

生きている事も「当たり前」ではないのですから、犠牲になられた皆様の分も、精一杯でき得る事をしたいと思う次第です。

私も関連する記事、書きました。

拙稿(URLは、以下の通りです)へTB頂けましたら幸甚に存じます。
http://blog.goo.ne.jp/dancho_1969/e/5f73dc5ea0402e9863871ca36bde5f4d
(こちらへは、TB用URLがないみたいですので、難しそうです…。)

末筆ながら、拙文であります事、ご容赦下さい。

では、失礼いたします。

山口でも品薄なものがでているのですか、
被災地のために間引きされているんでしょうか

TB、そしてブックマークさせて頂きました。

凡人さん、こんばんは。

TBと拙ブログをブックマークしていただき、誠にありがとうございます。
拙ブログにも、こちらをブックマークさせていただこうかと存じますが、宜しいでしょうか?。

昨日は、震災明け最初の企業活動という事もあり、混乱していた様ですが、昨日ほどではなくなっているようです。

テレビを見ても、避難なさっている皆様が「米が欲しい」「とにかく水が…」と切実ながら訴えていらっしゃるのを見て、どうにもできない私の無力さを感じずには居られません。

しかし、現実として共有しながらも、「地盤沈下」してしまうかのように、西日本に住まいがある私達が下を向いていたのでは、話になりません。

震災で犠牲になられた方や、避難生活を余儀なくされている皆様の分も、しっかり地に足付けて目の前にある仕事を然り寄ろうと思う次第です。

先ずは、TBと、ブックマークに対する御礼まで。

拙文であります事、お詫び申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513326/51121450

この記事へのトラックバック一覧です: 災害報道の流れ:

« 災害時の携帯電話利用の教訓 | トップページ | 輪番停電 »

全国日本酒飲みくらべ

  • 長野県上水内郡信濃町高橋助作酒造店 純米手作り松尾
    どうせ日本酒を飲むのなら、いろいろな蔵元の味比べをと。量は飲めないので四合瓶でちびちびと。買い求めにお店に行くと気になる銘柄が数あるのでなかなか都道府県を攻略できません。南の地方には日本酒の蔵元がないところもあるようですが、とりあえず、全国をお試ししています。おいしい日本酒をご存じ方、ぜひご紹介ください。

今月の日本酒

  • 宮坂醸造 真澄吟醸生酒
    全国日本酒飲み比べ 都道府県2巡目は、「今月の日本酒」と題して毎月お届け予定です。さて、どんな日本酒が登場するか、ぜひお楽しみに。

My Live List

Jazz Live Report

  • トミー諸田(Ds)、中島 薫(P)、林 正男(B) & 吉澤紀子(Vo)
    お気に入りのライブハウスとライブ。お気に入りなのでミュージシャンは偏っているかも。写真を見るというよりは“live”カテゴリー記事へのリンクとして公開します。
無料ブログはココログ